アストロピストンのインナーホールは取り替えれる?

アストロピストンはインナーホール付属型の電動オナホールです。

アストロピストン(ASTRO PISTON)

電動で高性能ながらも4,000円程度の安価で購入できてしまう人気商品となっています。

このオナホの構造は、上部のフタを外してインナーホールを取り出せるようになっています。

お手入れが非常に楽であるのと、もう一つの面白みとしては、他のオナホを取り付けて遊べるという点があります!

どのようなオナホが付く?

それではどのようなサイズのオナホなら取り付けられるでしょうか?

インナーホールのサイズが13cmなので、それに近いオナホならば装着可能ということになります。

そのサイズのオナホの探し方ですが、オナホ最新情報をまとめたオナホDB.comの検索機能で「12cm」や「13cm」と入力して検索してみてください!

後は自分の好みのオナホを選んで購入するだけです。

今回選んだオナホは?

今回僕が選んだオナホは、甘噛みギミック搭載の無口なあの娘とうオナホです。

サイズが12cmなのでうまくはまってくれそうです。

商品到着

商品をAmazonで注文し、翌日くらいに商品を受け取ることができました。

新しいオナホを買ったときって、結構ワクワクしますよね(笑)

本体が12cmなので小さいように感じますが、パッケージはそこそこでかいです(笑)

いかにもシャイそうな女の子が可愛いですね~。

裏面には内部構造等の説明が記載されています。

何気に子宮口ギミックも搭載しており、かなり内部構造にはこだわったオナホとなっています!

トイズハート製なので、包装のテープもトイズハートとなっています(笑)

パッケージ的にはしっかりしていて、期待が高まります!

開封していく

それではお待ちかねの開封に取り掛かっていきたいと思います。

パッケージを開けるとこんな感じです。

透明のプラスチックケースにオナホ本体とスティックローションが収納されています。

ローションが付属しているのは地味に嬉しいですね~。

しかし、1回分程度ですので、2回目以降のためにも大容量のローションは1本持っておきたいですね!

安定のペペローションを僕も愛用しています(笑)

オナホ本体のサイズ感としてはこんな感じです。

12cmといえども、肉厚ボディなので結構大きく感じます!

弾力もすごいあります。

これは造りがしっかりしている証拠です!

このオナホはばーじんすきんというトイズハートならではの素材が用いられていて、手触りが非常にいいです。

そして、びっくりしたのが、ニオイが全くありません!

全くというと語弊があるかもしれませんが、オナホ特有のゴム臭いような嫌な臭いがゼロです。

トイズハートの素材技術はほんとにすごいなと感じました…。

また、ご覧のように簡単に裏返すこともできるので、洗浄が楽にできます。

正直このオナホ、スペック高すぎなのでそのまま使ってみたい気持ちもあります(笑)

オナホを取り付けていく

無口なあの娘を単体で使っても最高なのは間違いありませんが、メインテーマのアストロピストンに取り付けるということを忘れてはいけません。

ここからアストロピストンのインナーホールを無口なあの娘に付け替えていきます!

前々から購入していたアストロピストンさんに登場してもらいました。

初期の状態では、入り口が唇型で内部に120本ものヒダがある構造の透明なオナホが付属しています。

この状態でも気持ちいいですが、リアルな感じは少ないですね…。

やっぱり女の子とエッチしているかのようなリアル感がほしいところです!

上部のフタをくるくる回すと、インナーホールが取り出せる仕組みになっています。

着脱可能な構造にしてくれたのは非常に嬉しいですね!

じゃないと洗う時大変なことになりそうです(笑)

そして、いざ無口なあの娘を取り付けていきます!

表面が滑りにくいので少し入りにくいですが、サイズ的にはよさそうです。

この通りすっぽりはまりました。

けど、ちょっとはみ出すぎですかね?(笑)

これ以上は入らなさそうでした…。

しかし、ちゃんとフタは閉まったのでオッケーとしましょう(笑)

お知りがはみ出た感じになりましたが、取り付け完了です!

プレイしてみる

こんな最強のオナホが完成して、いても立ってもいられなくて早速使ってみました!

使用中の画像は載せることができませんが、ご了承ください(笑)

感想…。

キツすぎる(笑)

この一言です…。

本来オナホが横に広がる部分が、アストロピストンの外壁により広がることができずピストンできないくらいのキツさとなってしまいました。

決して僕のが大きいという自慢ではありません(笑)

確かにちょっと大きい自信はありますが、これは普通サイズの人でもかなりキツいんじゃないかと思います。

肉厚で上質なオナホが逆にあだとなってしまいました。

結局、電動機能でイクことができず、無口なあの娘を単体で使用しフィニッシュです。

単体ではほんとに満足感のあるオナホなので、無口なあの娘は普通に買いです(笑)

まとめ

今回はアストロピストンに別のオナホを取り付けて遊んだ結果を紹介しました。

結果的にはキツすぎて、ちょっと失敗でしたね(笑)

どうせ買うなら良さそうなオナホを買おうと思って無口なあの娘を買いましたが、もっとチープなやつのほうがいいということが分かりました。

大きさ何cmというよりも薄めに作られている方が大事っぽいです!

このオナホなんか手ごろっぽいので、発売したら試してみたいと思います。

みなさんも、是非アストロピストンとの最高の組み合わせを見つけてみてください!